額(フレーム)が届きました!

先日注文した額が届いたので,早速,リーバイスのインクブロッタ―を飾ってみました!

これまでに僕が集めたインクブロッタ―の記事は下記リンクよりどうぞ.

集めようと思っているもの【LEVIS(リーバイス)のインクブロッタ―】

【LEVIS(リーバイス)】のインクブロッタ― -2枚目-

【LEVIS(リーバイス)】のインクブロッタ― -3枚目-

 

額はオンラインで購入

今回購入した額はオンライン経由になります.実物を見ていないので,品質には若干の不安がありましたが,一番お買い得に買えるであろう方法がオンライン経由だったので決行しました!

 

利用したのは【額縁のタカハシ Yahoo!店】です.

ソフトバンクユーザーでヤフーカード持ちの僕は,ヤフーショッピングが最もポイント還元率が高いのでよく利用します.

created by Rinker
ハクバ
¥1,018 (2020/09/26 14:09:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

インクブロッタ―を飾るためのフレームはマルチフレームと呼ばれるものにしました.マルチと名がつくだけあって,卓上スタンド,吊紐が付属します.もちろんUVカット仕様となっています.素材は樹脂製ですがぱっと見は木製のように見えます.なので見た目の印象は良いです!また,樹脂製なので軽いです.

木製っぽく見えるでしょ?

 

では,額装(表現が大袈裟(汗))していきたいと思います.

額装するにあたり,まず中に入れるものと,背景の雰囲気をアップさせるための額装マットを準備します.飾るものはインクブロッタ―と501 66前期のフラッシャーとギャランティーチケットにしました.

額装マットは額とは別売りですが雰囲気アップには欠かすことのできないものになります.ちなみに額装マットのカラーは「墨」をチョイスしました.

額装マットは40色も取り扱いがあるため,色選びにはオンラインだし,かなり迷いましたが,実際に飾ってみてカラーのチョイスは正解でした.

 

実際に額に入れる前に,まず構図を考える.

額装マットの上に試しに並べてみました.どのような構図にしようか考えます.

実際に額に入れてみないとわからないこともあって,裏から厚みの調整をする用紙を足したりしないとうまく飾れなかったりと額装ってなかなか難しいなぁと実感.

 

結局,下の写真のような感じになりました.

アクリル板の反射は気にしないでください.

 

A3のフレームにインクブロッタ―とフラッシャー・ギャラチケがまずまずの雰囲気で収まりました!

スペース的にはまだ余裕があるので,外した紙パッチなども追加で飾ろうかと思案中です.

 

販促用のアイテムだったインクブロッタ―や,当時は取り外して捨てられる運命であったフラッシャーなどを額装すると,それなりの雰囲気を醸し出してくるのでおススメかと思います.

 

かかった実質費用は額と額装マットで約2500円くらいです.

おわりに

リーバイスのインクブロッタ―などをようやく飾りました.飾るにあたり額はもちろんのこと,額装マットを追加すると雰囲気がかなり増しますので個人的にはおススメです.

 

次回は【LE JOURNAL DE Mickey】の額装を記事にしたいと思います.少しお金をかけただけあって,かなり雰囲気よく仕上がっています!

 

created by Rinker
ナカバヤシ(Nakabayashi)
¥360 (2020/09/26 14:09:42時点 Amazon調べ-詳細)