《フリーホイーラーズ(以下,フリホ)》の紹介記事はこちらからどうぞ.

 

着画とサイズ感

172㎝,58kgの僕でサイズ36を選択しています.

1920年代のレザーハーフコートが元ネタとなっている《ブレーキマンコート》は着丈が短め(サイズ36で67cm)な設定となっているため,ジャケットのような感覚で着用できます.

身長172cmと背丈が高くない僕でもバランスよく着用することができるのがおすすめポイントです.

 

コーディネートとともに

コーディネートに用いている他のアイテムは以下の通りです.

1950年代頃のHERCULES(ヘラクレス)長袖シャツ

アメリカ軍の1940年代後半から50年代前半頃のチノパン

 

アンダーシャツ・長袖シャツの上から《ブレーキマン》を羽織ってちょうど良いサイズ感だと思います.

タイトすぎない程よいフィッティングなので薄手のニットやカーディガン,ベストなんかを着込むことは可能です.

スウェットシャツや厚手のセーターを中に着ることはできると思いますがパツパツになりそうなので避けたほうがよさそうです.

 

レザーのハーフコートですけど緩すぎないフィッティング&着丈短めなのでジャケット感覚で着用できるため,太目のパンツとの相性も良いです.

背丈があまりない僕が着丈のあるレザーコートに太目のパンツを合わせてしまうと「服に着られている感」がでてしまいますが,《ブレーキマンコート》だとそんなことはありません.

 

フロントボタンを留めても苦しくないフィッティングです.

ただボタンはあけてインに着用した洋服をみせて着る方が好きです.

 

このパンツと合わせたかった!!

この《ブレーキマンコート》と僕が合わせたかったパンツは《1960年代頃のウィップコードのパンツ》になります.

ブラック×ブラックのコーディネートになりますが,パンツがグレーがかっているので見た目はそこまで重くならず,むしろ絶対に合う!と思っていました.

実際に着用すると以下のような感じになります.

個人的には狙い通りのコーディネートです.チノパンも悪くないですけど,上下ブラック系でまとめるとコーディネートが締まります.

足元は黒靴できまりですね!

 

僕の体型だとリアルマッコイズ(ジョーマッコイ)のカーコートより個人的には断然使いやすいと思います.

 

その理由として

・《フリホ》の方が着丈が短めな設定となっていること

・土管シルエットの《マッコイズ》と異なり《フリホ》は若干のAラインシルエットなので野暮ったさがないこと

をあげます.

ただリアルマッコイズのカーコートはリリースした年によってシルエット(ゆとりのとり方)が変更となっている点に留意する必要があるので一概にはいえませんので注意してください.

 

ヴィンテージのカーコートにより忠実なのは土管シルエットのリアルマッコイズなのかもしれませんが,カッコよく見えるということも大切です.

どちらが良いかは個人の見解だと思いますが,着た時のシルエットも重視したい僕であればフリホの方が着用頻度が高くなりそうです.

 

 

172cm,58kgの僕で

ジャケット感覚で着るなら《フリホ》の《ブレーキマンコート》size36

コート感覚で着るなら《リアルマッコイズ》の《カーコート》size38

《ブレーキマン》size38は在庫がなくて試着していないので着用感はわかりません・・・すんません.

 

フリホとマッコイズ~サイズ36の比較~

あくまで僕の感想ですけど,試着してみた感じでは《マッコイズ》の《カーコート》size36は肩・首回りが《ブレーキマンコート》size36よりきつかったです.

実際に並べて実寸サイズを比較したわけではありませんので参考程度ではありますが,《マッコイズ》size36をジャケット感覚で着るには少し小さいと思います.

《マッコイズ》がきつく感じた理由の一つとしては《フリホ》より革が断然硬い点にあると思います.《フリホ》は本当にしなやかな柔らかい革を使用しているので比較的初めからストレスのない着用感が得られます.

また《フリホ》と比較して《リアルマッコイズ》は革が硬くて腕が動かしにくい上にボタンが大きくてボタンが留めにくいです.

 

はじめの着用感としては断然《フリホ》が上というのが僕の見解です.

 

着込んで革が柔らかくなると《マッコイズ》も着やすくなると思うので最終的な判断をここで下すのは時期尚早ですけどね.

革質に関してはどちらも間違いないでしょう!日本トップだと思います.

まとめ

着丈の設定が僕の身長(172cm)には《リアルマッコイズ》よりも《フリーホイーラーズ》のほうが合っていると思います.

また革が断然やわらかい《フリーホイーラーズ》の方がはじめからストレスなく着用することができると思います.

しかしどちらも素晴らしいコートであることには変わりありません.

 

おわりに

フリーホイーラーズのブレーキマンコートのサイズ感とそのコーディネートを紹介しました.

レザーをコーディネートに取り入れることができる季節がもうそこまで来ているので楽しみでなりません.

 

FREEWHEELERS & CO. [“BRAKEMAN” WORK COAT #1631015 RUDE BLACK size.36,38,40,42]