秋が深まりました!

10月も中旬が過ぎ,グッと気温も下がり秋らしくなってきましたね!そこで今回は秋の装いを考えてみました.

この秋の主軸として考えているのは春に購入したブラックシャンブレーシャツです.

今回コーディネートに使用したブラックシャンブレーシャツに関する記事は下記リンクよりどうぞ.

【PayPayフリマ】で購入したヴィンテージの【ブラックシャンブレーシャツ】前編

【PayPayフリマ】で購入したヴィンテージの【ブラックシャンブレーシャツ】後編

リンク先を読むのが面倒だって方のために,シャツの全体像の画像を載せておきます.

着丈が長いのがヴィンテージのブラックシャンブレーシャツの特徴の一つかと思います.タックインすることが前提の僕にとってはシャツがパンツからはみ出ないのでありがたい仕様です.

コーデュロイパンツとあわせてみる

秋冬を代表するパンツの素材といえばコーデュロイは外せません.

そこでまずは1990sリーバイスの519 1558(ブラック)と合わせてみました.

ブラックシャンブレーとよばれていますが,どちらかというとグレーなのでブラックのコーデュロイパンツと合わせても違和感なくマッチし,同系色ということもありしまった印象を与えてくれます.

 

つづいて719(519のSTUDENT版)のオフホワイトと合わせてみました.

黒とは反対にコントラストが効いています.ブラック×ブラックの組み合わせも悪くありませんが,ブラック×ホワイトも悪くないですね.

 

鉄板!デニムパンツとあわせる

なんだかんだ言って,実はこのスタイルが一番多くなると思います.

大江洋服店OA01XXと合わせました.ブラックシャンブレーとデニムの相性は言わずもがなです.

 

アウターは?

やはり秋の装いの楽しみといえば重ね着です.今紹介した組み合わせを軸にどんな羽織り物が合うか考えてみました.

白×白コーデ

リーバイス840BXXを着てみました.素人の僕にとってはちょっとこのスタイリングはやりすぎ感が否めません.没コーデです(笑).ブラックのコーデュロイパンツだったらありかな.

 

レイルロードジャケット(カバーオール)

大江洋服店のレイルロードジャケットと合わせてみました.やはりデニムとブラックシャンブレーシャツの相性は抜群です.上半身がワーク系のアイテムですが,パンツが都会的な細身のパンツなので程よく力が抜けたスタイリングになっているんじゃないかって勝手に思っています.

 

本命!ヘラクレスのスポジャケ!!

僕が個人的にアウターとして最も合わせたいのが前回紹介したHERCULESのホースハイドジャケットになります.

上半身黒,下半身白でメリハリのついたコーディネートになっているかと.悪くないです.

ジッパーを閉めてみました.ジャストサイズっす!

レザーの質感がたまりません!!

つづいて全身ブラックコーデ.パンツを黒にすることでかなり締まって見えます.これもアリです!

ただ,個人的にはやっぱり程よく色落ちしたデニムパンツを合わせるのが一番好きです.

1950年代LEVIS 501ZXXレザーパッチと合わせてみました.やっぱこの組み合わせ落ち着きます.

 

足元は?

ヘラクレスがブラックなので,今のところブラザーブリッジのヘンリー(ブラック)一択ですかね.

 

おわりに

ブラックシャンブレーシャツを軸に秋の装いを考えてみました.ブラックシャンブレーシャツはあまりアウターを選ばない便利なアイテムなのでおススメです.機会があればストックしていこうと思います.

いつか西の爆買い王との黒シャンコラボを実現したいと思います.

爆買い王の黒シャン

 

created by Rinker
BUZZ RICKSON’S(バズリクソンズ)
¥12,980 (2020/10/27 05:33:18時点 Amazon調べ-詳細)