ようやく入手!519のブラックコーデュロイ!

僕が大好きなパンツの一つにリーバイスの519があります.適度に細いシルエットが秀逸で,とにかく使えるパンツです.

気がつけば結構な本数を所有しています(519のSTUDENT版も719含む).

519が生産されはじめた年代は1970年代なので,ゴリゴリのヴィンテージではありませんが(といっても66前期~後期くらいに相当),USEDであれば6000円~,NOSであれば14000円~と手が伸びやすい価格帯ですし,シルエットもきれいなので本当におススメです!またカラーバリエーションも豊富なのもつい集めてしまうところ.

そしてまた1本,519を追加してしまいました.

今回手に入れたものは,タイトルからもお分かりのように,ほかのカラーよりも人気があり,手に入れにくいとされている黒色のコーデュロイを使用した1本になります.

 

カラーナンバーは1558

519に続く4桁の番号が色を意味します.そしてブラックのカラーコードは『1558』になります.ネイビーは一見ブラックに見えることもあるので,それを判別するためには内タグに記載された番号をみればわかります.

もちろんMEDE IN U.S.A.今回のものはYKKジッパーを使用していましたし,1990年代のものになると思います.

本当は42TALONを搭載した80年代のものが良かったですけど,ウエストがジャストの519ブラックはなかなか見つからないので仕方なく妥協しました.アメリカ製のパンツに日本が誇るYKKのジッパーがついているので,ある意味誇らしいことではありますけどね!

 

では見ていきましょう!

ブラックって予想以上に撮影するのが難しくて,見にくい写真が多くなることをご了承ください.

多少のアタリはついていますが,コーデュロイの畝がつぶれることはなく,生地の状態は良好な1本になります.これといったダメージも見当たりません.

アタリがつき始め,生地の擦れる場所が白くなり始めたこの感じがたまらなくカッコいいです.

Levisのタブは白色です.

腰回りがタイトめ・裾が極端に細くならないきれいなストレートの519はあると便利な1本です.

レングスの表記サイズが32で,オリジナルの長さのため,僕の場合は裾直しが必要です.なので近々直してきます.

 

実際に穿くとこんな感じです

ウエストはジャストです.腰回りがタイト目なつくりなので,501と比べるとかなりすっきりとした印象かと.色が黒だとクールさもアップです.

裸足の写真で恐縮ですが,足全体が写った姿も載せておきます.ちなみに裾は少し内側に折り返しています.

綺麗なストレートシルエットだとは思いませんか?このシルエットが好きすぎて気がつけば519の虜になっていました.

そして今回入手した黒は僕が所有する519の中で一番気に入りました!

 

今回の購入経路は?

セカイモン経由のeBayです.日本に発送してくれない商品だったのでセカイモンを利用しました.

これまで519はいくつも穿いてきたのでサイズの心配はありませんでしたが,今回出品されていた519はコンディションに関する記載が乏しく,写真から判断しないといけなかったのでかなりの不安はありました.

オークション形式の出品ではあったものの19.99$~とお値打ちだったので(送料・手数料は別),失敗してもいいやという気持ちで入札しました.

特に競争相手もなく,そのまま19.99ドルで落札!セカイモンを通しているので,日本で買う519の相場より少し安いかなという価格にはなりましたが,前述したように所有する「519」の中で最も気に入るという形で無事に終えることができました!

 

おわりに

リーバイス519コーデュロイパンツの黒を手に入れました!昨今のブラックブームからなのか今回の1本が一番気に入っています!

所有する519の本数がまた1本増えましたが,それくらい『519』を僕はおススメしたいです!