一度は見送ったアイテム

少し前に《U.S.NAVY》のデニムパンツを紹介しました.実はこの際気になっていたものの出費がかさんだため見送ったアイテムがあります.それが今回紹介するデニムカバーオールになります.

気になって(入荷して)から2か月.未だに誰の手にもわたることなくショップのディスプレイとして飾られているではありませんか.

「これは最早僕のことを待っているのでは?」と思わせる程.となればもう買うしかありません.そして今回無事に迎え入れることができました.

 

チェンジボタンのタイプです

ミリタリーマニアではないので詳しいことは書けませんが,チェンジボタンのタイプは同じ型のショールカラーのデニムカバーオールであっても古いとされています.

《NAVY》と《錨マーク》が印象的ですね!

 

ステンシル入りです!

カバーオールの内側にはステンシルが入ります.

《REAMSNYDER.E.J.》と読み取ることができます.

着用すると全く見えませんがステンシルが入っていると雰囲気が増しますねぇ.

 

とにかく状態抜群!真っ紺のミントです!

NOSといっても過言ではありません.

毛羽立ち残る真っ紺の状態です.1940年代のデニムカバーオールがこのような状態でアメリカで発見されるとはまだまだロマンがありますね!

レプリカみたいですけど正真正銘のオリジナルです.

ポケットは2つです.ポケットの形状は底部分が舟形になっています.

裾には菊穴がありますが,この目的は不明.ベンチレーションとしては機能性が低いような・・・.でもベンチレーション機能しかないですよねぇ.わかる方がいらっしゃいましたらご教示お願い致します.

 

着画

《U.S.NAVY》のデニムトラウザーズと合わせてしまうと,完全にコスプレになってしまうので,これとは合わせません.

 

白Tにシャンブレーシャツを羽織り,その上から着てみました.

TシャツはGOODWEARのポケTです.

シャンブレーシャツは後日記事にします!

パンツはDUBBLEWAREのウィップコードトラウザーズです.

パンツの着画は次の秋冬って書きましたが,少し肌寒い日に穿いたので着画を載せておきます.

深みのあるグリーンカラーのパンツです.ウィップコードの生地感は伝わりにくいですけど,無茶苦茶カッコいいっす.

 

さて,カバーオールの話に戻ります.

U.S.NAVYのカバーオールは着丈が短いので身長が172cmの僕でもバランスよく着用することができます.

アームホールは程良い太さですが,筒袖で袖口にボタンが付かないので袖口は広がり太く見えます.

 

ショールカラー(ヘチマ襟)がこのカバーオールの特徴といえます.試着するまではちょっとかわいくなりすぎるかなぁと思ったのですが,そうはならず.やはり試着してみることは大切ですね.

 

おわりに

《U.S.NAVY》のショールカラーデニムカバーオールを手に入れました.真っ紺ですし,これは長く付き合うことができる一着となること間違いなしです.

昨今はこのアイテムも価格高騰しているといわれていますが,個人的にはかなりお買い得に入手できることできたと思っているので満足です!