ヴィンテージ以外もたまには・・・

最近,《CUSHMAN(クッシュマン)》のパンツを購入したので,今回はそのことを記事にしたいと思います.

 

東海地方に在住のヴィンテージ好きなら《クッシュマン》は外せない?

名古屋を代表する老舗ヴィンテージショップ【DON’T(ドント)】.大須からは少し距離があり,徒歩圏内ではありませんが旧き良きアメリカを体感できるショップです.僕も一度だけではありますがお邪魔したことがあり,その圧倒的な品量には目を見張るものがあります.

そんなヴィンテージを知り尽くした【ドント】が企画を手掛けるブランドが《クッシュマン》になります.《クッシュマン》のアイテムは【ドント】以外にも全国様々なショップで展開されており,入手することが可能です.

 

ブラックシャンブレー45トラウザーズ

ヴィンテージに精通した【ドント】が手掛ける《クッシュマン》の商品展開は広く,トータルでコーディネートをすることができます.

そんな数あるクッシュマンのアイテムの中から今回僕が購入したのは,ブラックシャンブレー45トラウザーズになります.

デザインのベースはネーミングからも分かるように1945年のミリタリートラウザーズとなっています.

 

アメリカ軍のチノパン・45カーキに関する記事も書いていますので下記リンクよりどうぞ.

【アメリカ軍】ジャストサイズがベスト!ヴィンテージチノトラウザーズ【U.S.ARMY】

 

ちなみに《クッシュマン》からは45の他にもシルエットが太い41モデルも展開されています.

 

では早速購入したパンツをみていきましょう.

まず注目すべきはフラッシャー.現行の洋服ですが,ヴィンテージの雰囲気の雰囲気ムンムンのフラッシャーでヴィンテージ好きであればこれだけでテンションがあがります(笑).

古着屋に古着と一緒にディスプレイされていても違和感のない佇まいです.

全体像になります.すっきりとしたストレートシルエットで着用する人を選ばない安定感があるのではないでしょうか.

ワークパンツの部類に入ると思いますが,ドレス的な要素もあり,幅広いスタイリングに対応できそうです.

 

後程ディテールをみていきましょう.

生地

経年変化が期待できる生地です.穿き込んで退色を楽しんでいきたいです.そここそ厚みのある生地で,夏以外はいけるかなといった感じです.

カラーはブラックシャンブレーだけど実質グレーです.こういった色合いのパンツを探していた僕にとっては正にベストカラーです.

フロントはボタンフライです.

ボタンには尿素ボタンを使用しています.

コインポケット(ウォッチポケット?)は45トラウザーズを踏襲し片玉縁となっています.サイドポケットはスラックスのようにスラントポケットとなっていますのでドレス感を感じられます.

しかし,サイドの縫い目はダブルステッチとなっており,ワーク感が感じられます.このダブルステッチは経年変化に大きく寄与することと考えられます.

このようにドレスとワークの双方の要素を取り入れているため,ジャケパンスタイルではややカジュアル寄りのコーディネートに,カジュアルなスタイルであればコーディネートに上品さをプラスしてくれそうです.

バックポケットは45モデルを踏襲していますので,片玉縁仕様となっています.

裾は3cm幅で仕上げられています.

今悩んでいるのは裾上げをどのようにするかという点です.この幅を4cmにして,ワンロールして穿こうと考えているのですが,もう少し考えてから裾上げをしようと思います.

 

欲しいものの一つに秋冬用のスラックスを挙げていましたが,今回このパンツで代用できそうなのでクリアとします!!

 

おわりに

《クッシュマン》のブラックシャンブレートラウザーズを購入しました.キレイなストレートシルエットの45トラウザーズは万人にマッチするアイテムだと思うのでおススメです.

こだわって作られたパンツですが,値段もアンダー2万円で,オンラインを利用するなど購入の仕方次第ではさらにお得に買えます.

サイズ感や穿いた際のシルエットなどに関しては後日記事にしたいと思います.