値上げラッシュ!!

日用品・生活必需品・電気・ガス etc. に限らず,

様々な商品に値上げの波が押し寄せています.

紳士靴も例外ではなく,

各ブランドの値上げラッシュが続いています.

 

記事に取り上げるオールデンのタッセルモカシン《664》は,

今回の値上げで【169,400円】となりました.

 

随分と高くなりましたね・・・.

 

 

もたもたしている間に

値上げ前の駆け込み購入に間に合わなかった僕は,

並行輸入品という形で今回購入する形となっています.

 

ちなみに購入金額は4年前の正規価格よりも少し安いくらいでした!

 

ずっと欲しかったタッセルモカシン

2018年発行の《2nd(セカンド)》はオールデンの特集.

その裏表紙を飾っているのが《タッセルモカシン》になります.

 

この画を見たときからずっと欲しかった《タッセルモカシン》.

 

古着に資金を割きすぎて,

後手後手にまわり,どんどん値上げ・・・.

 

どんなアイテムも「今日が底値」です.

 

これ以上,値上げされると流石に買えないし,

 

インスタグラムで《#alden664》と検索すると物欲を刺激され,

ついに購入に踏み切った次第であります.

 

お馴染みの箱.

品番《664》,サイズは《6 1/2E》.

 

サイズ感は次回の記事で《986》との徹底比較を行います.

 

664の詳細

開封の儀

タッセルはゴムで留められています.

早速外しましょう!

黒く光るコードバン.

美しいですね~.

内側には品番やサイズ,製造年月日,オーダー番号などの記載.

2020年3月製ってことでいいのかな.

製造年月日の判別はコチラで詳しく紹介されています.

 

ラスト(木型)はオールデンの中で最も細いとされる《ABERDEEN(アバディーンラスト)》

 

僕にとってアバディーンラストは初になります.

良い意味でボテッとしたフォルムのラストが多いオールデンですが

アバディーンラストはドレッシーな細身のフォルムが特徴のラストです.

 

Dウィズが一般的なオールデンですが今回はEウィズを選択.

それでもスッとした細身のフォルムであることがわかります.

 

そう感じさせてくれるのはつま先の形にあるでしょう.

ヴァンプの立ち上がりは緩やかで,

ヴァンラストの986と比べると明らかにドレッシーであることがわかります.

《Alden 986》

 

 

ヒール部分は上に行くにつれてグッと内側にくびれます.

これもエレガントさを増す要素かと.

 

ソールのカラーはブラックで,

シングルレザーソールになります.

 

フィッティング

紐靴と比べてフィッティングが圧倒的に難しいスリッポンタイプの靴.

 

特に僕は左右の足の大きさが全長・足囲ともに若干異なるので,

毎回紐の無い靴を買うときは不安になります.

 

紐で締めることがない分,こういう靴はナーバスになります.

 

今回の664はというと,

どちらかというとタイト目のフィッティングを好む僕にとって,

左足だけの画像しかありませんが,

ご覧の通り問題のないフィッティング!

 

歩いても踵が抜けることはありません.

 

 

ちなみに裸足で足を計測すると,

大きい方の足の全長は25.2cm,足囲は24.9cmくらいになります.

 

スポーツ用品店では無料で足の大きさは測定してくれることがほとんどなので,

「足の大きさが分からない」って方は一度測ってもらうといいと思います.

 

おわりに

オールデンの定番《タッセルモカシン664》を購入しました.

細身のアバディーンラストを用いた《664》は

Eウィズであってもそのドレッシーさを保った素晴らしいシューズです.

 

値上げラッシュの波に乗ったオールデンは《今日が底値》でしょう.

欲しいと思ったその時が買いかもしれません.

 

次回の記事では

アバディーンラストのタッセルモカシン664と

ヴァンラストのローファー986のサイズ感などを比較したいと思います!

 

サイズ選びの際に参考になるような記事になると思いますので,

是非ともお楽しみに!!