6ボタンと7ボタンのボタンダウンシャツ

アメリカを代表するメンズブランド《ブルックスブラザーズ》.

最早説明不要かと思いますが《ブルックスブラザーズ》は

ラルフ・ローレン氏も働いていたことがあるアメリカ最古の洋服屋で,

アメリカの歴代大統領が顧客名簿に名を連ねるブランドですね.

 

このブランドの代名詞といっても過言ではないのが

ボタンダウンシャツ】になるかと思います.

 

1970年代頃までのボタンダウンシャツは

フロントボタンの数が6個であるのに対して,

おおよそ1980年代以降のボタンダウンシャツは

フロントボタンの数が7個になります.

 

過去に7つボタンのシャツを紹介した記事は下記リンクよりどうぞ.

ヴィンテージの【BROOKS BROTHERS(ブルックスブラザーズ)】のシャツを着てみた!

 

最近,ようやく6ボタンの《ブルックスブラザーズ》のボタンダウンシャツを手に入れたので,

6つボタンと7つボタンの違いを検証していきたいと思います.

 

手に入れた6ボタンシャツ

淡いブルーカラーが美しいシャツになります.

良くも悪くもごくごく普通のボタンダウン長袖シャツですが,

大人カジュアルスタイルにはハマる一着になるます.

 

6ボタンと7ボタンの違いを比較

今回比較しているのはともにオックスフォード地のシャツになります.

 

サイズ

淡いブルーのシャツが6ボタンになります.

表記のサイズは15 1/2- 2 です.

実寸のサイズを測定してみると

肩幅は42㎝,身幅は58.5cm,着丈は80cm,袖丈は59cmでした.

 

淡いイエローのシャツが7ボタンになります.

表記のサイズは14 1/2-2です.

実寸のサイズを測定してみると

肩幅は42㎝,身幅は58.5cm,着丈は81cm,袖丈は62cmでした.

 

もしかすると7ボタンのシャツはまだ縮みきっていない可能性がありますが,

6ボタンのほうがコンパクトな作りになっていそうです.

 

袖丈は表記のサイズが同じにもかかわらず,3cmも異なります.

 

タグ

今回手に入れた6ボタンのシャツのタグは青色(水色)でした.

 

赤色のタグとこの青色のタグの使い分けは分かりかねますが,

古い年代のシャツはこのような正方形に近い形をしています.

 

よって正方形のタグのシャツを見かけたら,まず6ボタンで間違いないでしょう.

 

参考までに7つボタンのタグの画像を掲載します.

「NO CHLORINE BLEACH」「MADE IN U.S.A.」の記載が増え,

その分だけタグが縦長になっています.

また,タグの上端は襟の生地の縫い目と一緒に縫製されています.

 

ポケット

左6つボタン,右7つボタン

形状,縫製は同じですが,

6ボタンの方がわずかに小さいです.

 

計測してみたところ,

6ボタンが127mm × 120mm(縦×横)で

7ボタンが130mm × 125mm(縦×横)でした.

 

袖口

ぱっと見,形状と縫製は同じです.

ですが,

剣ボロの長さが若干6ボタンの方が短く,

6ボタン17mmに対して,7ボタン183mmでした.

 

また,カフス部分と袖の縫製が,

6ボタンがシングルステッチであるのに対して

7ボタンはダブルステッチになっており,

7ボタンの方がより堅強な作りになっているといえるでしょう.

 

台襟

こちらはほとんど同じでしたが,

7ボタンの方が若干ラウンドしている印象があります.

 

裾部分

裾部分は型紙が大きく変更されています.

6ボタンの方が丸みを帯びた裾になっているのが一目瞭然です.

 

ボタンの間隔

左7ボタン,右6ボタン

第1ボタンと第2ボタンの間隔は

6ボタンが105mm,7ボタンが97mmで,

8mmの差を認めました.

第2ボタンと第3ボタン以降のボタンの間隔は

6ボタンが98mm,7ボタンが88mmで,

10mmの差を認めました.

 

ざっと6ボタンと7ボタンの違いはこんな感じでした.

 

実際に着用してみると

第1ボタンを留めた状態

6ボタン

7ボタン

7ボタンの方が腕回りにゆとりを感じます.

見比べるとフロントボタンの位置が異なることがよく分かります.

ただ,これを見ただけで6ボタンと7ボタンを見分けることは無理でしょう.

 

第1ボタンを自然に外してみる

6ボタン

7ボタン

7ボタンは,おじさんがただボタンを外しただけって感じであるのに対して

6ボタンの方がなんとなくこなれた感じというか抜け感が感じられるかも.

 

第1ボタンを外し,胸元を少し広げてみる

6ボタン

7ボタン

6ボタンだとインに着たタンクトップがチラッと見えます.

それに対して7ボタンは6ボタンのシャツの第1ボタンを自然に外した状態と同じような見え方になりました.

 

6ボタンの方が明らかにラフな印象です.

 

僕的な結論

僕がブルックスブラザーズのシャツを着るときはカジュアルな場面です.

 

シャツ一枚で着たり,ニットの中に着たり,

カーディガンを羽織ったりするような感じで着ることになるでしょう.

 

よって,こなれた感じが出る6ボタンを選びたいと思います.

 

しかし,6ボタンは絶対数が少ないので,

コツコツと探していかなければなさそうです!!

 

おわりに

《ブルックスブラザーズ》の6つボタンと7つボタンの

ボタンダウンシャツ比較しました.

 

第1ボタンを開けた着こなしには6ボタンの方が

こなれた雰囲気を醸し出してくれると個人的には考えます.