新たな挑戦?!ハットスタイル

汎発性脱毛症に罹患した影響で髪の毛を失い,秋冬は頭が寒いです.

反対に夏は直射日光で暑い!!

なので帽子が手放せなくなりました.

ベースボールキャップを夏の間,今はバズリクソンズのニットキャップをヘビロテしています.

 

脱毛症になる前までは帽子を被る機会はほとんどありませんでしたが,

帽子を被らざるを得ない状況になったのでハットスタイルに挑戦しようと思います.

 

そこで,【STETSON(ステットソン)】のフェドラハットを購入することを計画していました.

もちろん【ヴィンテージ】で!

【ステットソン】に関する過去の記事はこちらからどうぞ.

 

そして,ヴィンテージの【ステットソン】のフェドラハットを購入したので,

今回紹介したいと思います.

 

推定1950年代のNOS(デッドストック)?

当時の箱付きです.箱にダメージがあったり,落書きがありますが,

ハットの状態からして多分NOS(New Old Stock)です.

 

早速箱を開けてみましょう.

箱にジャストフィットした帽子の登場です.

 

取り出してみましょう.

ブリムも長めで,美しいフォルムです.

NOSであっても「虫食い」といったダメージがあることがありますが,

見た限りではそのようなダメージはありません.

 

少し寄ってみましょう.

完璧な状態です.

 

つづいて内側をみていきたいと思います.

USEDだとポマードガードが汚れていることが多いのですが,

こちらはそのような汚れは皆無です.

グレードは【Royal De Luxe(ロイヤルデラックス)】であることがわかります.

グレードとしては高くはありませんが,上質なものであることに間違いはありません.

モデルは【St. Regis(セントレジス)】です.

僕はそこまで詳しくないので,これがどのようなモデルであるかはわかりかねますが,前述のようにブリムも長めできれいなシルエットです.

 

上の写真の左側にみえる紋章に注目してみましょう.

エンブレムの左上の模様が「葉(リーフ)」になっています.

これで1950年以降のものであると推測されます.

 

つづいてサイズタグの写真を示します.

なんと当時の値札付き!!

サイズは1/4と表記されています.

これは「7 1/4」というサイズを意味し,「58cm」相当になります.

この「7」という表記がない場合,1950年代前半頃になるらしいです.

よってこのフェドラハットは1950年代前半の代物であると思われます.

 

つづいてスウェットバンドに書かれた【STETSON】の文字の対側の文字をみてみたいと思います.

これは【STETSON】に帽子をオーダーしたショップ名や場所を示します.

テネシー州ナッシュビルにある【BURK & CO.】っていうショップ別注ってことでいいのかな.

【BURK BUILDING】でググってみたけどわかりませんでした.

 

その横にある「F B W」の意味はちょっとわかりませんでした.

というか調べるのが面倒だったので調べていません.

 

これだけ状態が良いとちょっと被ることに躊躇してしまいますね・・・

 

ちなみにお値段は30000円程度です.

現行のステットソンはモデルや使用している素材によって値段が様々ですが,

現行の新品を買うよりはお買い得に買えたんじゃないかなって思います.

 

ヴィンテージハットにはちょっとハマり気味で危険な香りがします・・・