気になっていたジャガードTシャツ

暑くなってから無地T(GOODWEARとUNIQLO U)ばかりを着ているといっても過言ではありません.

パンツを軍パンにしたり,クッシュマンのデニトラにしたりとしていますが,コーディネートはマンネリ化.

そんな折,古着屋で購入したのが今回紹介するジャガードTシャツになります.ジャガードTシャツは1970年代頃から流行っていたという個人的な認識であるため比較的新しめなアイテムだと思います.

 

着丈短めなシルエットが好み

全体像

肩や身幅は僕にとって少しゆとりがありますが,着丈が短めなので着用した際のバランスがとても良いです.オーバーサイズ感はありません.

素材は化繊だと思います.

 

ブラウンとオレンジ色ですかね.板チョコレートを敷き詰めたような柄です.

 

タグ

襟元のタグは欠損してありませんが,赤タブが付いていました.カモノハシ?のような動物が描かれています.

どこのメーカーかは分かりかねますが雰囲気の良い一着です.

年代は新しいとは思いますけど,その分値段も高すぎずで気兼ねすることなく着用できます.でも生地感が普通のTシャツとは大きく異なる(ニットTみたい)のでどことなく高級感が感じられ,洒落感もプラスしてくれます.

おわりに

古着のジャガードTシャツを購入しました.無地Tとは雰囲気が大きく異なるジャガードTシャツはコーディネートの幅を広げてくれる一着です.

色々な柄模様のジャガードTシャツを古着屋で探してみてはいかがでしょうか.