柄が秀逸な一着

先日,古着屋巡りをした際に購入した一着を紹介したいと思います.

今回購入した一着は《King Kole(キング コール)》のもので,柄に一目ぼれして購入に至りました.

古着屋で《King Kole》のシャツはちょくちょく見かけることがありますが,実はブランドそのものに関しては名前以外知りません.ボウリングシャツで有名な《King Louie(キング ルイ)》と名前が似ているなぁと思う程度です.

《King Kole》のアイテムを購入したのは今回が初めてなので,タグなどから年代を推定することができません.ディテールからの推測なので間違っているかもしれないので予めご了承ください.

タグ

ネームの刺繍が入る三角タグです.レジスターマーク(®)が入ります.一般的に®マークが入るようになるのは1950年代からとされているので,少なくとも1950年代以降のものであるとこの段階では推測できます.

ブランドネームに《King》と入るだけあって王冠マークの刺繍も入ります.

 

1950年代らしいパターン(柄)

幾何学模様っぽいパターンで,生地にシャリ感があります.

ベースカラーは淡いベージュでそこに白っぽい織り柄が縦と横に入ります.また赤色や黄色,黒色の模様が映えます.いかにも50年代っぽいパターンといえます.こんなパターンのシャツは好物なので買うしかありません.

 

全体像

ボックスシルエットの半袖シャツになります.胸ポケットは左のみでフラップはないです.

いやぁ~,それにしても良い柄っすね.状態も申し分なしのミントコンディション!今年は本当に良い柄のシャツに巡り合っています.

袋襟仕様です.襟の形からも1950年代頃といえるでしょう.

ループカラーシャツになります.

 

ボタン

ベークライトですかね.

 

サイズ感

表記Sなので172cm,58kgの僕でジャストサイズです.着画はありませんが,着丈のバランスも悪くなく良い感じでした.

ボタンを留めて着ても,留めずに着ても様になる一着です.

 

おわりに

柄に一目ぼれし購入した《King Kole》のシャツを紹介しました.ヴィンテージハワイアンシャツやシャンブレーシャツよりも断然お財布にやさしいので,この手のシャツはおススメです!