戦利品のサイズ感と着画を紹介します

気が付けば今回の古着屋巡りで購入した服はすべて軍モノ(笑).

まずは購入したものを振り返ります.

《USMC P-47 HBT Jacket》

 

《U.S.ARMY M-47 HBT Trousers》

 

《U.S.NAVY Denim Trousers》

これらが今回の古着屋巡りで購入したアイテムたちになります.

 

実際の着画がこちら

《USMC P-47 HBT Jacket》

サイズ表記はありませんがおそらく34または36になるかと思います.USMCのジャケットでこれくらい小さいものはなかなか見つからないと思います.

経年変化したヘリンボンツイル(HBT)は何とも言えないヤレ感がでています.新品では出せない雰囲気を持っているのが古着の魅力ですね.

ただ軍物は汚れやダメージがあるものも少なくないので,購入に際して細部にわたってチェックするのは言うまでもありません.

172cm,58kgでジャストサイズです.袖丈のサイズ感も良く,着丈も短めなのでバランスがとりやすいです.

インに来ているのはフリーホイーラーズのサーマルTシャツで,穿いているデニムパンツは大江洋服店のOA01XXになります.

無茶苦茶気に入っており,暖かくなってきている今,ヘビロテ中です.

 

《U.S.ARMY M-47 HBT Trousers》

アジャスターボタンを留めてジャストサイズです(172cm,58kg).

太いストレートシルエットのパンツですが,ウエストをジャストで穿くことでウエストとヒップのラインは体にフィットしますが,ヒップより下はドカンシルエットになのでメリハリがでます.

先ほどのHBT Jacketと異なり,おそらくデッドストックとなりますので,今後どのような経年変化を遂げていくか楽しみな一着です.

 

《U.S.NAVY Denim Trousers》

W29でほぼジャストです.水を通して縮み過ぎたらちょっと困るかも(笑).

こちらも先ほどの《M-47 HBT Trousers》同様,ウエストからヒップにかけてはピッタリ目のフィッティングで,ヒップから下はドカンのストレートシルエットになります.よって先ほど同様シルエットにメリハリが出ます.

真っ紺のこのデニムパンツがどのような経年変化をするのかも楽しみなポイントになります.

 

足元の画像はありませんが,今回購入したパンツは二つとも裾上げが要らない長さでした.オリジナルレングスで穿けるっていうのは個人的には非常にうれしい点になります.

ドカンシルエットの太いパンツになりますので,上はタイト目な洋服を合わせようと思います.夏になったら白Tに合わせようと思っています.

 

USMC P-47 HBT JacketとU.S.NAVY Denim Trousersを合わせてみました.悪くはないけど,ガチガチのミリタリー野郎になってしまいました(笑).ただ,上はジャストサイズだし,デニムトラウザーズが軍物色が強くないので,意外とコーディネートはまとまりました.

50S6050SS 27X31 ビンテージ USN 実物 米国海軍 ミリタリー 濃紺インディゴデニムパンツ/ビンテージ 30S40S デッキ USCG NAVY
ノーブランド品

おわりに

今回の古着屋巡りで購入したアイテムの着画を紹介しました.サイズ感や着用時の雰囲気が伝われば幸いです.

今回の戦利品は軍物ばかりでしたが,個人的にはかなり納得の結果でした.いやぁ~古着屋巡りは楽しいっすね.