大江洋服店とTWO EARS BRANDがつくるバンダナ

OOE YOFUKUTEN & Co.
大江洋服店は愛知県一宮市にある主にジーンズを自社製造,販売するメーカーです.ヴィンテージの再現に実物のサンプリングから始まり型紙,縫製,金具類など細部にこだわり,レベルの高いモノづくりをしています.

TWO EARS BRAND
デザイナーで世界的に有名なバンダナ研究家 Jonathan Lukacek氏(ジョナサン・ルカセック)との共同バンダナブランド.

1860年代から1880年代の正確なバンダナを作成するというアイデアから始まりました.
ヴィンテージの断片,古い工場サンプル,文書,10年にわたる豊富な研究を収集し,可能な限り正確かつ高品質に保つことが出来る素晴らしい技術を持つ,製織工場,印刷工場,縫製工場と共に製作.

出典:CANVAS.

要はこだわり抜かれて作られたバンダナです.

 

そんなバンダナを購入したので記事にしたいと思います.

 

ロゴがトウモロコシ?!

バンダナといえばゾウやトラなどのマークがお馴染みだと思いますが,ココのトレードマークはトウモロコシです.

 

なぜ,トウモロコシなのか?!

Two Earsは、日本語と英語の単語の遊びです.
日本語でのセルヴィッジの言葉は「ミミ」で耳を意味します.
象,トラ,ダイアモンドなど,私たちが賞賛する他のバンダナブランドのコンテキストを維持するために,幅広い視聴者に馴染みのあるシンプルなロゴが必要でした.
英語のトウモロコシの数え方は「Ear(耳)」で「The Two Ears Brand」のロゴは2耳のトウモロコシとしました.

出典:CANVAS.

だそうです.分かりやすですね!そして一度見たら忘れないロゴですね!

 

両耳仕様

バンダナのミミ付きって?!

縫い目がなく生地の耳を使用していたら耳付きってことになります.

上の写真を見てください.縫い目がないことがわかります.これがバンダナの”ミミ”です.

全体像です.上下の縁には縫い目がありますが,左右には縫い目がなく,両耳仕様となっていることが分かります.

 

カラーとパターン(柄)

色はあずき色(マルーン)になります.ほかにもレッドとインディゴブルーで展開されていますが,このマルーンを選ぶあたりが僕らしいかと.

 

バンダナの定番の柄といえばドットやクロス,ペイズリーなどで,ドットやクロスは人気の高い柄といえます.

こちらはダイヤモンド柄です.シンプルだけど洒落ていますねぇ!

 

1辺は50cmあるので首に巻ける長さになります.またチーフとして胸ポケットに差し込んでも悪くないかと.最近はマスクとして使っているとか.

用途はたくさんありそうです!

 

おわりに

最近は洋服がかなり充実してきたのでこういった小物や先日紹介したチェンジボタンといったコレクターアイテムに興味が湧いています.バンダナといえばブログ仲間のマサゴニア氏がかなり詳しいので,ぜひ氏のバンダナ愛を感じてみてください.

https://masagonia.com/