大須で出会ってしまった

先週,仕事の合間にちょいと大須へ行ってきました.

目的は買い付けから帰ってきたヴィンテージ古着屋に行くこと!

前回紹介した【オールドインター】を購入することをほぼ心に決めている状態だったので,

本当は「目の保養だけでも・・・」という軽い気持ちで行ったが最後,

NOS(デッドストック)?の1950s HBTシャツジャケットに出会ってしまい購入してしまいました.

 

HBT(ヘリンボーンツイル)とは

1940~1950年代頃のアメリカ軍の衣料に頻用されていたのがHBTと呼ばれる生地です.

ヘリンボンはご存知「ニシンの骨」に由来しています. ☝な感じの生地です.

 

1930年代末からアメリカ軍で採用されているみたいですが,

本格的にみられるようになったのは1940年代からでしょうか.

アメリカ陸軍では

M-1942(M42)HBTジャケット→M1943(M43)HBTジャケット→

M-1947(M47)HBTジャケット

と変遷していきます.

 

M43HBTジャケットではガスフラップや13スターズのメタルボタンが採用されているのが特徴になりますが,

第2次世界大戦後のM-47HBTジャケットはガスフラップはなく,ボタンも尿素ボタンになります.

この辺りの情報に関してはMAGNETS(マグネッツ)のブログがかなり詳細に考察してあり,大変参考になります.

 

今回僕が購入したのはM-47HBTジャケットになります.

おそらく水は通っておらず,NOS(デッドストック)のコンディション.

サイズをはじめとする表記はスタンプです.

SMALLサイズになります.

JAXKETS, HERRINGBONE TWILL. OD.7の記載もはっきりと読み取れます.

さらには1951年3月12?日と日付までも読むことができます.

M-47HBTジャケットは1951年まで製造されていたみたいなので,

M47の最終といえるでしょう.

 

この後,HBTは廃止され,

コットンサテン生地(OG-107)へと変わっていきます.

 

素人の僕がてきとうに調べただけなので,間違っていたらご指摘ください.

 

早速ワンウォッシュ

購入後すぐにワンウォッシュしました.

生地はすこしクタッと柔らかくなりました.

ファッション性度外視の筒袖. だけどこれが新鮮でいいです.

着込んでいくほどに経年変化をみせてくれるHBT生地.

 

これからの変化が楽しみです.

 

ワンウォッシュ後のサイズ変化は?

ほとんど縮みませんでした. 乾燥機にかけたら縮むかもしれません.

参考までですがウォッシュ後で,肩幅46cm,着丈69cmくらいです.

171cm,58kgで良いサイズ感です.

 

価格は?

10000円+TAXです.

 

ちなみにM-43(13スターズ)のデッド?が13000円+TAXだったかな.

こちらはちょっとサイズが大きかったので泣く泣く諦めました.

HBTシリーズは他にも何着かあり,10000~13000円+TAXでした.

 

他にもUSMCのHBTジャケットのデッド?が30000円+TAX,

USEDコンディションが25000円+TAX.

ジャングルファティーグの3rdタイプ,サイズMがUSEDコンディションで13000円+TAXと

ミリタリーアイテムが充実しており,見ているだけで楽しかったです.

入荷日ということもあり,他にも魅力的なアイテムがたくさんあったのですが,

オールドインターが控えていたので,この1着だけでぐっとこらえました.

 

HBTジャケットは本来の目的ではなかった!

話が少し脱線しますが,

僕が本当に欲しかったのはHBTジャケットじゃないんです.

本当はアメリカ軍の60~70s頃のコットンサテン(O.G.107)ユーティリティシャツを探していたのです.

コットンサテンも洗うたびにアジがでてくるので,おすすめの生地です!オアスロウが得意なヤツです!

 

コットンサテンのユーティリティシャツも年代ごとにディテールが異なってくるので,おもしろいアイテムの一つです.

僕が欲しいユーティリティシャツはシャツ袖タイプのモノなのですが,

いつの間にかデッドで見つからなくなってしまい(あっても値段が高い!),

最近ほんとうに探しているんです.

80年代の綿ポリはまだ見かけるんですけどねぇ・・・

 

そんなときに,出会い頭的に,このM-47 HBTジャケットに出会ってしまい購入したのが今回の経緯になります. HBTのものも欲しいと思っていましたし.

 

ただ,M47HBTジャケットはシャツ袖ではなく筒袖なので,アウターのインに着るのはちょっと不向きかな.

試しにレザージャケットの下に着たけど,袖の生地がくしゃくしゃになり着心地悪しでした.

なので個人的にはニットやスウェットの上から羽織るのがM47の最適なコーディネートになると思います.

 

ユーティリティシャツ探しはまだ続く!

というわけでユーティリティーシャツ探しは今後も続けていきます!

 

おわりに

最近はユーロミリタリーものばかり漁っていましたが,

久しぶりにアメリカ軍のミリタリーアイテムを購入しました.

そしてやっぱりアメリカ軍っていいなって再認識しました.

ミリタリーに限らず,アメリカンヴィンテージ熱再燃の予感・・・