リーバイス大戦モデル《S501》を紹介!

前回の記事で大戦モデルを遂に購入した事実とS501に関する一般的な事項を簡単に紹介しました.

今回は僕が購入した大戦モデルをじっくりと見ていきたいと思います.

ちなみに大戦モデルを購入する決定打となったのは草彅剛氏が運営する《草彅チャンネル》であることに間違いはないでしょう.一度で良いので,氏のコレクションと奥様を拝みたいものです.

全体像

大戦期の生地は通常よりも厚いとされています.その影響かものすごいヒゲが入った荒々しい大戦モデルを見かけることが多いのですが,僕の個体はうっすらとヒゲが入っている程度です.しかし,すんごいヒゲよりこれくらいの方が僕のスタイリングにはしっくりきます.それにすんごいヒゲだと値段も騰がるし・・・.

色は全体的に落ちており,濃いとはいえませんが,薄すぎるということもない感じです.まぁ濃紺の大戦モデルってなかなか見つかりませんし,値段も桁違いなので,僕にはこれが限界です.

 

赤タブ,バックポケット

裏側の画像はありませんが,もちろん片面です.赤タブの縫い方が大戦モデルだと歪んでいたりすることも少なくないとされていますが,きれいに縫製されています.

赤タブの取付位置もバラバラなのが大戦モデルですが,割と普通かと.アーキュエイトステッチはもちろん省略です.

 

フロントボタン

トップボタン一つにスモール(小股)ボタンが3つで計4つになります.パッチは欠損なので正確な品番は分かりかねますが,もしかしたら《S503XXB》かもしれません.が,実寸ウエストサイズが29~30インチなので,《S501》ということにしています.

トップボタンは月桂樹ボタンです.いわゆる《ワンスター》と呼ばれる星一つのボタンになります.小股ボタンはドーナツボタンです.

 

リベット

コインポケットのリベットが省略されるのが大戦モデルの特徴です.ご覧の通りリベットが打ち込まれていません.

ちなみに残念ながらこの個体は左右のフロントポケットのリベットが一つずつ欠損していました.リベット欠損は少なからずあることなので致し方ありません.ここは妥協点です.

 

リベットは刻印入りです.文字は中心寄りで大きさは小さめです.《CO.》の《O》は大きいです.このリベットで1940年代前半から50年代片面前期と判断できます.大戦期には無刻印のリベットが使用されていることも少なからずあります.

 

隠しリベット

左が大戦モデルで右がその後のモデルのものになります.大戦モデルの隠しリベットはやや立体感があります.また閂が省略されているのも分かります.

 

縫製

フロントフライの切りっぱなしです.

画像からも分かるようにスレーキは生成りのものになります.

スレーキには何やら数字が記載されていますが,それが何を意味しているかは分かりません.

サイドステッチはもちろん長めです.

歪んでます①

歪んでます②

歪んでます③

 

一般人(嫁)には理解してもらえないポイントです.縫製の歪んだ服のどこがいいのって言われます.

しかし僕はこの歪んだ縫製にしびれます(笑).

耳の太さも左右どころか同じ足でも太さが異なります.

耳はこんな感じ.

生地の処理も雑です.でもこれは50年代のXXでも時折みられますので大戦モデルに限ったことではありません.

レプリカでは絶対にみられないですね.こんな雑なつくり.レプリカと本物を見分けるのは雑か否かってところを見るのもポイントかと(特にLee!).

 

色落ちにメリハリはありませんが,生地のざらつき具合や色落ちした箇所の荒々しさは流石です.

 

穿くために購入しておりますので・・・

コレクションではなく穿きます!

よってためらうことなくビヨンデックスで洗濯です.

※背景のデニムは大戦モデルではありません!

ご覧の通りデニムの青は落とさず汚れやらなんやらを落としてくれました.

実際に着用するとこんな感じです.ジャストですわ.こんなんに出会ってしまったらもう購入するしかないです.なんだかんだでサイズが小さいこともあり,多少ダメージはあるもののノーリペアの大戦モデルが一昔前の需要があるサイズくらいの値段で買えましたから.

 

おわりに

憧れの大戦モデルをついに購入しました.アメリカの空気を感じつつ大切にしようと思います.僕が死んでもこれは棺桶に入れずに売り払いなさいと家族にはすでに伝えてあります(笑).

いつか大戦・片面・レザーパッチ・ギャラなしのジーンズを比較しようと思いますので気長にお待ちください.ギャラありは所有していないのでご了承ください.